ニュース

  • 今月の1枚(フランス/スペイン)
  • 2014.09.25
  • 《ボジョレー》ジャン・フォワヤール 2014収穫風景♪
  • 写真は、9月24日のコート・ド・ピィ2014年の収穫の様子です。収穫に参加した弊社村木の話ですと、2014年のブドウはとてもきれいで、また実付きもよく、収量も十分確保できているそうです。ここ数年厳しい年が続きましたが、ようやく理想の収穫ができてジャンもご機嫌な様子♪

     

    今回の収穫チームは25人 で、その多くは長年ここで収穫をしているベテランばかり。彼らの収穫方法は、ブドウの状態を見極め、良いブドウから収穫していくので、結果的に同じ区画を何回かに分けて収穫することなります。収穫を待つブドウ、中には見送るブドウもあるそうで、この細かい収穫作業と判断が、ジャンのクオリティ・ワインのもとになっていると思います。2014年も楽しみな年になりそうです♪

     

    と、その前に、10月リリースの2012年のコート・ド・ピィでジャンの真価を感じてください!

     

    絶品ですよ!!

  • メディア
  • 2014.09.25

掲載ドメーヌ&ワイン■(ワインガイドP10)

生産者インタビュー:ピュズラ・ボノム

掲載ワイン:トゥーレーヌ・ブラン テゼ2012

  • 今月の1枚(日本)
  • 2014.08.21
  • 《山梨 峡東エリア・相干場》 8/21 記念すべき初収穫!!
  • Domaine Oyamada初年度の収穫がいよいよ始まりました!!

     

    記念すべき最初の収穫は、峡東エリア・相干場のデラウエアです。同日収穫の蟹沢、西山の畑のデラウエアと合わせて仕込まれ、「Vin de Table BOW」として来春リリースされます。

     

     

    今年は台風が多く、雨の影響で若干糖度が低いようです。

     

    また、雨によりブドウの実割れが起きてしまっているそうです。収量については、房の実付がよくブドウの粒も大きいため、予定より確保できる見込みです。

     

     

    今回の仕込みや発酵状況、他の畑の収穫情報など、今後「oyamadaブログ」にてアップされる予定ですので、チェックをお忘れなく♪ 

     

    http://ameblo.jp/paysannat/

     

     

    ブドウが実付き、収穫してワインができる。

     

     

    当たり前のことかも知れませんが、特別なことのように思います。

     

     

    これからはじまるDomaine Oyamadaのストーリー。

     

     

    小山田幸紀の世界観が凝縮されたワインを、皆さまと共に楽しみに待ちたいと思います。