ニュース

  • ニュース
  • 2021.09.28
  • フレッド2019は、樽熟成から「クヴェヴリ」「卵型タンク」熟成にほぼ完全移行
  • ドメーヌ・ド・シャソルネイDOMAINE DE CHASSORNEY 2019

     ネゴシアン・フレデリック・コサールSARL Frédéric Cossard 2019

    太陽を感じるふくよかな果実味、そして芳醇でしなやかなエキスが渾然一体となる、

    試練を乗り越えた魅惑のヴィンテージ!

    樽熟成から「クヴェヴリ」「卵型タンク」熟成にほぼ完全移行しました

    ブルゴーニュワインの樽熟の常識を覆しますが、理性を超える直感的な美味しさがあります

    詳しくは、こちらの資料をご覧くださいませ

    https://vinscoeur.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/4142-2021-10.pdf

     

  • ニュース
  • 2021.09.27
  • ボジョレーヌーヴォー2021年カリーム、ジャン、フレッド&ケヴィン速報♪No.3
  • ボジョレー・ヌーヴォーの収穫が9月中旬から始まりました~

    2021年は、フランスのワイン産地ほぼ全域に遅霜が降りるという衝撃的な幕開けから始まり、

    その後ボジョレーでは雹、長雨による病気の蔓延など、天候的に厳しいミレジムだった

    2013年をさらに超える試練に晒されている状況ですが、ブドウの栽培にとって

    厳しい年にもかかわらず品質に恵まれた2012年とサイクルが似ているため、

    天候次第では再びワインの品質に恵まれることを期待する生産者も多い2021年!

    いずれにせよ、もう待ったなしの段階に迫ったカリーム、ジャン、ケヴィン&フレッド!

    収穫直前の心境を聞いてみたレポートはこちらかご覧くださいませ♪

    https://vinscoeur.co.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/BN2021October.pdf

  • ニュース
  • 2021.08.20
  • ボジョレーヌーヴォー2021年カリーム、ジャン、フレッド&ケヴィン速報♪No.2
  • ボジョレー速報2021年 第2弾です♪

    詳しくはこちらから資料をどうぞご覧ください♪  →  BN2021August

     

    ヴェレゾン(ブドウの色付き)が開始しました!

    カリームが8月8日から、ジャン、フレッド&ケヴィンが8月10日から

    それぞれ始まりました!

     

    こちらの写真は、カリームの8月13日のヴェレゾンの様子。

     

    2021年は、フランスのワイン産地ほぼ全域に遅霜が降りるという

    衝撃的な幕開けから始まり、その後ボジョレーでは雹、長雨による病気の

    蔓延など、天候的に厳しいミレジムだった2013年をさらに超える試練に

    晒されている状況です。

     

    一方で、ブドウの栽培にとって厳しい年にもかかわらずワインの品質的には

    トップだった2012年にもサイクルが似ており、8月の天候次第では再びミラクルが

    起こるのではと期待する人たちも多いのです。

     

    例年以上に難しい舵取りを迫られるのが必至なカリーム、ジャン、フレッド&ケヴィン!

     

    幸い予報では、8月中旬から天候は回復に向かい暑い夏が戻ってくるとのこと、

    2012年のように最後にミラクルが起こることを大いに期待したいところです!

    次のレポートもどうぞお楽しみに! 

  • ニュース
  • 2021.07.17

ボジョレー速報2021年

詳しくはこちらから資料をどうぞご覧ください♪  →  2021 BN July

今年もあと数か月でボジョレー・ヌーヴォーの季節がやってきます!

 

2021年も、カリーム・ヴィオネ、ジャン・フォワヤール、

フレデリック・コサール&ケヴィン・デコンブの三生産者です!

 

どうぞ、どうぞよろしくお願いいたします。

 

2021年は、フランスのワイン産地ほぼ全域に遅霜が降りるという衝撃的な

幕開けから始まりました。各地で霜による甚大な被害がもたらされる中、

ボジョレーは幸いにして他の地域よりも被害が少なかったです。

 

その後、お天気が不安定の中、開花が順調だったことは朗報!

 

近年日照りにより、ボリューム感が目立つ味わい傾向にありましたが、

今年は久々にみずみずしくエレガントなワインに仕上がりそうな予感がします。

 

こういうお天気が厳しい年は、まさに生産者の実力と個性が如実にワインに

反映するのが魅力です。どうぞ今年もお楽しみに♪♪よろしくお願いいたします。

 

  • ニュース
  • 2021.07.17
  • アレックスを訪問した時に撮った一枚です。

    手前の三本が今回リリースするアレックスの新しいミレジムです。

    父親ジャンのワインも揃ってテーブルに並べられた姿は圧巻です!

    この日の試飲には、他に二組のクライアントが一緒でした。

    一組はリヨンで新しくレストランを立ち上げるフランスの若者、そして

    もう一組はベルギーのインポーターでした。アレックスの彼女のファニーが

    試飲に立ち会いましたが、彼女が言うには、4月に入ってからは既存新規を

    問わずほぼ毎日大勢のクライアントがひっきりなしにドメーヌを訪れているようです。

     

    フランスは6月のレストラン再開に合わせてカーヴィスとレストランが

    ワイン仕入れの準備をし、そして、外国のインポーター、特にアメリカ、

    ヨーロッパ諸国、アジアはシンガポールや韓国が、まるでコロナの影響がないかの

    勢いでワインのオーダーがはいるようです。

     

    さらに今年2021年は、4月の遅霜や雹、長雨による病気の蔓延で、

    フランスのほぼ全地域のブドウの不作が予想されます。

    世界的なワインの需要回復とブドウの不作が相まり、このままでは

    来年ワインの供給不足が起こるかもしれません。

     

    日本向けにワインがうっかり購入できない、なんてことにならぬ様

    今年は買い付けのお仕事ますます頑張ります♪

1 / 812345...最後 »
  • 最新の記事

  • 月間アーカイブ