TOPページ

大地・ブドウ・生産者のメッセージが込められたワイン

そのすべてに感謝とリスペクトを持って、熱い心でワインをお届けいたします

Vignerons 生産者

France/Spain 今月の1枚

  • 《ブルゴーニュ》シャソルネイ&コサール2018 リリース!
  • 《ブルゴーニュ》シャソルネイ&コサール2018 リリース!

  • お待たせいたしました!
    ドメーヌ・ド・シャソルネイ&ネゴシアン・フレデリックコサールの新ヴィンテージ「2018年」がリリースとなります!

     

    まず最初にこちらの写真を見ていただけるとお分かりになるかと思いますが、

    ついに!コサールの「クヴェヴリ」がリリースとなります!!

    ※メインラベルは通常と同じで、こちらはバックラベルになります

     

    きっかけは2017年冬に訪れたジョージアで出会った、驚くべきピュアなワイン。
    予てから地球環境への考慮と、更なるテロワールワイン追及のため、樽以外の可能性を模索していた彼にとって、樽にマスクされずニュートラルなエキスを持つジョージア・ワインとの出会いは衝撃だったようです。その場でクヴェヴリの作り手に9.5hL~14hLサイズ(ブルゴーニュサイズの樽 4樽~6樽分)のステンレスの蓋がついた甕を10基オーダーするくらいですから、その感動の度合いが伺えます。

    そしてこのクヴェヴリのためにすっぽり地中に埋まる盛り土と石積みの壁をわざわざカーヴ内に施しています。(容易に取り出すことはできません)

     

    今回リリースされる樽熟成とクヴェヴリ熟成について、樽もクヴェヴリも同一のブドウで仕込まれており、白はプレス、デブルバージュ後、赤はマセラシオン、プレス後に、それぞれの容器に移され発酵・熟成が行われています。ジョージアにインスパイアされつつも、目指すのはクリアでエネルギッシュなヴァン・ヴィヴァン(生きてるワイン)であり、コサール流は発酵槽ではなくあくまで熟成容器としてのアプローチです。

     

    半年ほど熟成が経過した昨年春のこと。この時の試飲でコサールは「クヴェヴリ熟成はエキスは瑞々しく滋味に溢れ、どこまでも伸びやか。その後に樽のワインを飲むとリッチで芳醇ではあるが、やはり樽香がブドウのピュアな果実感を妨げているように感じてしまう」とコメントしていました。従来の樽熟成において、たとえ新樽を使っていてもローストの香りは浅く、圧倒的なブドウ感が前面にありましたが、クヴェヴリのアロマはどこか奥ゆかしく、でもブドウのポテンシャルは樽以上にストレートに感じられると言うのです。

     

    あれから1年半以上、ボトリングから半年経過した現在も両者のイメージは大きく変わらず、抜栓後短時間で豊かに開いていく樽熟に比べ、クヴェヴリは開けたてよりも数日経過後にエキスが混然一体となり、じっくりピークを迎え長く維持していく印象があります。樽熟とクヴェヴリの同じキュヴェを飲み比べてみると、その違いは実に分かりやすく、元が同じブドウであることに驚かされます。また抜栓のタイミングや温度、グラス選びなど、それぞれのワインがもつ特徴に合わせて味わいの引き出し方を変えてみるのも興味深いです。

     

    2018年ヴィンテージはコサールの変革の年。

    「脱樽熟成」に向けて、クヴェヴリを導入すると同時に新樽熟成を完全にやめ、加えて17hLサイズ(ブルゴーニュサイズの樽 7.5樽分)の卵型コンクリート(シリスが含まれている)タンクを導入しています。密閉性が高く、卵型によるディナミザシオンの効果があり、発酵中はガスを抜き、発酵後は酸化防止のためガスを足しコントロールができる優れもので、スキンコンタクトシリーズで使用される特注のステンレスタンクと同じような構造となっています。

    ※2019年ヴィンテージは引き続き古樽を使用していますが、2020年ヴィンテージからはほぼクヴェヴリと卵型タンク100%熟成となります

     

     

    【2018ヴィンテージの特徴について】

     

    〇気候 

    春は雨が多かったが、6月から一転乾燥した天気が8月まで続いた。

     

    〇収量

    乾燥により収量減を予想していたが、2017 年の秋の終わりから 2018 年春まで降った雨の貯蓄が地中にストックされていたおかげもあり、最終的には予想をかなり上回る収量を確保できた。

     

    〇味わい

    ドメーヌ白

    アタックにブドウの熟度、ボリュームが感じられるが、中盤以降はソリッドな印象。

     

    ドメーヌ赤

    やや甘やかで野性味を感じる果実感。ボリュームはあるがタンニンは割と穏やか。

     

    ネゴス白

    ボリュームがありながらスムーズな飲み心地。酸はやや低めだが、ストラクチャーがある。

     

    ネゴス赤
    果実感は鮮やかでスムーズ。品格があり緻密な構成だが、若いうちから楽しめる。

     

     

    弊社がシャソルネイ&コサールの取り扱いを始めてから10年。

    コサールが挑むクヴェヴリ&卵型タンクは、テロワールの真の表現を追求する彼の独創性と本質が凝縮された「コサール・ワイン」の最終形態と言えるかもしれません。

     

    シャソルネイ&コサールの新たな歴史のはじまりです!

    どうぞご期待ください!!

     

    必見!コサールによる2018年ヴィンテージ紹介ビデオ

Domaine Oyamada/Domaine Ponkotsu 今月の1枚

  • Domaine Oyamada(ドメーヌ・オヤマダ)プチマンサンのカサかけ
  • Domaine Oyamada(ドメーヌ・オヤマダ)
    プチマンサンのカサかけ

  • 写真は6月22日、大久保にあるプチマンサンのカサかけの様子です。

    当日は梅雨らしい雨の中での作業となりました。

     

    今年の入梅は例年より3日遅い6月11日頃となり、また梅雨明けは7/20前後と例年並みの予想となっていますが、極端に早まる可能性もあるそうです。

     

    ここまでの山梨の天候は1月~3月中旬は例年より暖冬で、3月後半~4月にかけてはやや低め、5月~6月は例年並みの推移となり、雨量はやや多い年となっています。

    またこのまま行けば収穫時期は例年並み、収量は昨年と同等か少し上回る予測となっています。

     

    今回作業を行った大久保の畑にはプチマンサン、ムールヴェードル、少量ルーサンヌが谷沿いの南斜面に植えられています。プチマンサンとルーサンヌはデラウェア主体のBow!白の補助品種として日向のプチマンサン、シュナンと共にブレンドされています。

     

    プチマンサンはニュートラルでありながら熟すと蜜感が強く、フランスのスッド・ウエストではパスリヤージュの甘口ワインも造られています。蜜のような果実感がありながら酸が落ちることはなく、前半のボリューム感から徐々にソリッドな印象へと変わって行きます。Bow!白には約20%プチマンサンがブレンドされていますが、瓶内で熟成して行くに連れてプチマンサンの存在感が増し、その個性がワインにメリハリ与えていると感じます

     

    暑さに耐え、雨にも割と強く、樹勢の強いプチマンサンは、現在小山田氏をはじめ多くの日本生産者が注目している品種のため、これから作付けが増えて行くのではないでしょうか。ちなみにBow!白に極わずかにブレンドされるルーサンヌはジュースの時点で紅茶のようなアロマがあり、小山田氏はこの品種に対しても関心を持っています。

     

    いつもと変わらない葡萄畑の風景。
    その生命エネルギーに触れるだけで心は安らぎ満たされていきます。
    ワインを通じて行われる葡萄畑のエネルギーと人の循環。

    そこから生まれる喜びのシンパシーに思いを馳せながら、今年のワインの完成を楽しみに待ちたいと思います。

Dégustation&more 試飲会情報など

■2020年9月24日(木) 『シャソルネイ&F・コサール 2018ヴィンテージ お披露目試飲会』

「ドメーヌ・ド・シャソルネイ」、「ネゴシアン・フレデリック・コサール」の2018年ヴィンテージのお披露目試飲会を、東京で開催いたします。ぜひこの機会にシャソルネイ&コサールの新ヴィンテージをじっくりご試飲頂けたらと存じます。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

 

【ご注意ください】

完全ご予約制での開催となりますので、2020918日(金)迄 FAXにてお申込ください

(ソーシャル・ディスタンシング確保および当日会場入り口での検温および手指の消毒にご協力をお願いいたします)

 

● 3部制での開催となります(① 11:30 – 13:00 ② 13:10 – 14:40 ③ 14:50 – 16:20)

● 会場内でのお客様同士の蜜集を避けるため、プチセミナーは開催いたしません

 

対象:酒販店、飲食店

日時 : 2020年9月24日(木) 11:30 ~ 16:20

入場料: 2,000円

 

場所 : ホテルモントレ銀座2F『ル・ソール』
住所 : 東京都中央区銀座2-10-2 電話 : 03-3545-3777

 

※お申込用紙はこちらをクリック

 

*お申込書ご記入のうえ、弊社までFAXにてお申込みください。(FAX:03-5280-3002)
*飲食店のお客様は、お申込書にご帳合先名をご記入いただきますようお願いいたします。
*弊社確認後、お客様番号を記入し、リファックスさせていただきます。その時点でお申込み完了となります。

*お申込み〆切り:9月18日(金) 

 

ご不明な点がございましたら弊社までご連絡くださいませ。(TEL:03-5280-3001)