ニュース

  • 今月の1枚(日本)
  • 2017.04.19
  • Domaine Ponkotsu(ドメーヌ・ポンコツ)塩山・藤木の苗木畑
  •  

    写真は塩山藤木にある、昨年仮植えした苗木の畑です。

     

    わかりにくいですが、茶色になっているところが掘りあげた後。
    昨年は別の畑に植え付けてほぼ全滅でしたが、今年は約7割の生存率でした。
    今年は700個の穴を掘り、700本植えつけています。

     

    植え付けた品種はヴィニフェラ品種です。
    ジャロピーはデラウェア、おやすみなさいは巨峰が主体のワインですから、
    きっとヴィニフェラ品種だとまた違う雰囲気 をもつワインとなるでしょう!

     

    松岡氏の頭の中にはすでにどんなワインにするか構想があり、
    少し聞いただけですが、ワクワクさせてくれる内容です!

     

    あとは出来てからのお楽しみです♪
    きっと『こんなの飲んだことない!』 を感じさせてくれるワインに仕上がるでしょう

  • 今月の1枚(日本)
  • 2017.03.27
  • Domaine Oyamada(ドメーヌ・オヤマダ) 春はすぐそこに・・
  •  

    写真はドメーヌ・オヤマダの日向の畑です。

     

    東南向きのとても日当たりのよい畑で、
    この時期でも風がなければ暑さを感じるほど。

     

    日当たりのおかげで下草の芽吹きも早く、すでに畑は緑に色づき春の訪れを感じます。

     

    ブドウの方はというと、
    剪定の切り口から樹液がぽたぽたと落ちている樹もあり、萌芽は間近です。

     

    生産者たちは、あと1ヶ月もすれば新梢管理に追われ、
    ひとまずは6,7月のカサかけが終わるまでは、日の出から日没まで畑で忙しく過ごす日々が始まります。

     

    こちらの日向の畑はワイン用ブドウに理想的な東南を向いた急斜面で、
    南のヴィニフェラ品種を小山田氏らしく混植しています。

     

    同じくヴィニフェラ混植の洗馬が表現するのは「北のエレガンス」、
    一方、日向は「南の太陽」を喚起させるワインとなりそうです。

     

    長雨や台風の影響による低収量で、未だリリースには至っていませんが、
    完成すれば洗馬と並んで、ドメーヌ・オヤマダの代表作となるでしょう!

  • 今月の1枚(日本)
  • 2017.02.20
  • Domaine Ponkotsu(ドメーヌ・ポンコツ)リリース間近!
  •  

    写真はドメーヌ・ポンコツのラベルです。

     

    現在中原ワイナリーは、ドメーヌ・オヤマダの出荷を終え、
    ドメーヌ・ポンコツの出荷を残すのみとなっています。

     

    既に瓶詰めは終わっており、あとはラベルを貼り、箱詰めをして、
    もう間もなく出荷準備が整います。

     

    ワインラベルは松岡氏の学生時代の友人である三宅氏が手掛けており、
    お二人のこだわりが詰まったデザインとなっています。

     

    三宅氏についてはドメーヌ・ポンコツブログでも紹介されています。
    http://d-ponkotsu.blogspot.jp/2016/04/blog-post.html

     

    ドメーヌ・ポンコツからは今回も下記2アイテムのリリース♪

     

    jalopy 2016 (デラウェア/オレンジ)
    前年より醸し長めだが、きめ細かく、杏のような香りが面白い。
    食事の最初から最後までこの一本で通せます!

     

    おやすみなさい 2016 (巨峰主体/ロゼ泡)
    3気圧(今年はガスあり!)、残糖8 g/L。イチゴジュースのような甘酸っぱさが食欲をそそる!
    アペリティフにも、食中にも!

     

     

    2アイテムとも前回リリースよりも格段に進化しており、三段飛ばしで階段を駆け上がっているような印象です!

     

    何を足して、何を引くのか。もしくは何も足さず、引かないのか。
    きっとそんなことを一年中悩んで悩みぬいて造り上げた傑作テーブルワイン。

     

    遂に三月上旬のリリースです!

     

    皆様、是非お楽しみくださいませ!

  • 今月の1枚(日本)
  • 2016.12.28
  • Domaine Oyamada(ドメーヌ・オヤマダ) 「祝2015」スタンバイ中♪
  • ドメーヌ・オヤマダ/ポンコツ リリース準備進行中!

     

    写真はデゴルジュマン前のピュピトルに立てられた祝2015です。
    ドメーヌ・オヤマダは2017年2月下旬、ドメーヌ・ポンコツは3月上旬にリリースを控え、現在準備に追われています。

     

    ドメーヌ・オヤマダはもう安定の美味しさ。トップキュヴェの洗馬は今回も流石です♪
    ドメーヌ・ポンコツは中原で二年目の仕込みでしたが、前年の経験を生かし、
    明らかに品質が向上しています!
    松岡氏の経験の豊かさと、2年目でのこの進化は脱帽です。

     

    次回リリースのラインナッ プは下記の通りです。

     

    ドメーヌ・オヤマダ / 祝 2015
    12月下旬にデゴルジュマンの後、少し落ち着かせてからリリース。2014よもリッチで密っぽい印象。

     

    ドメーヌ・オヤマダ / 洗馬赤 2014
    樽熟中。前回リリースの2012よりもスケールは小さめだが、儚くも深遠で大人っぽい色気を持つ。

     

    ドメーヌ・オヤマダ / BOW!白 2016
    発酵終盤。歴代最高のまったりもったり感で味ののりが最高!今回も少量残糖ありの予定。

     

    ドメーヌ・オヤマダ / BOW!赤 2016
    今年は日向のヴィニフェラが入り、軽やかながら雰囲気と芯のあるワイン。巨峰は鹿に食べられ全滅。

     

    ドメーヌ・ポンコツ / jalopy 2016
    樽熟中。前年より醸し長めだが、きめ細かく、杏のような香りが面白い。

     

    ドメーヌ・ポンコツ / おやすみなさい 2016
    瓶内発酵終了。今年は3気圧、残糖8 g/L。イチゴジュースのような甘酸っぱさが食欲をそそる!

     

  • 今月の1枚(日本)
  • 2016.11.18
  • Domaine Oyamada(ドメーヌ・オヤマダ) 洗馬2016収穫!
  • 写真は10/30に収穫を行った長野県塩尻市洗馬のブドウです。

     

    9月から10月初旬にかけての長雨の被害は、塩尻のブドウにとっても例外ではありませんでした。
    病気に強く、手間のかからないといわれるナイアガラのような早生ブドウでさえ、壊滅的な被害を受けた農家さんもあるようです。

     

    ドメーヌ・オヤマダの塩尻市洗馬の畑は、実割れと灰カビ病に関して例年よりも厳しい選果を必要としましたが、
    収量,熟度に関しては大きな問題はありませんでした 。

     

    仕込みは例年通りの、除梗破砕と全房のハイブリッドで行っていますが、
    熟度の影響で、例年よりも繊細な酒質となりそうです。

     

    今回の洗馬の収穫で、ペイザナの全収穫は終了。

     

    やはり長雨の影響で山梨のヴィニフェラなどは打撃を受けたものの、

     

    おやすみ,Jalopy,BOW!赤白,洗馬に関しては例年とさほど変わらず仕込みを行うことができました。

     

    本人たちの話では、味わいが明らかに向上しているキュヴェもあるようです!
    ぜひ次回リリースをご期待くださいませ!

     

    ※昨年12月にリリースしました、「祝(スパークリング)」、「洗馬(赤)」の新ヴィンテージは来春に「BOW!(赤)(白)2016」と同時にリリースさせていただく予定です。どうぞお楽しみに♪