ニュース

  • 今月の1枚(日本)
  • 2016.06.22
  • Domaine Ponkotsu(ドメーヌ・ポンコツ) デラウェアのカサかけ
  • 写真は甲州市の上岩崎内藤という場所に位置するデラウェアの畑です。

     

    このデラウェアは全て醸しワインの『jalopy』に使われます。

     

    こちらの畑は一昨年まで、四恩醸造の小林氏が管理していた畑で、
    昨年に松岡氏が引き継ぎました。

     

    今年の房はやや大きめ。
    その分、房数を減らし、空枝(房の着いていない結果枝)をつくることで、
    一つの房に養分を集中させて熟度の高いブドウにしようという算段でしょうか。

     

    ヴィニフェラのプロジェクトも順調に進行中。
    ヴィニフェラの畑は塩山の藤木というエ リアに点在しています。
    まだ殆どが幼木なので、ワインのお目見えはまだまだ先の話ですが、
    きっとこちらも個性的なワインとなることでしょう。

  • 今月の1枚(日本)
  • 2016.05.16
  • Domaine Oyamada(ドメーヌ・オヤマダ) 洗馬の苗木の植え付け
  • 写真は洗馬の新しい畑に植え付けた苗木です。

     

    小山田氏は今まで塩尻市洗馬に2枚の畑を所有していましたが、昨年新たにもう1枚を入手しました。

     

    こちらの畑は元々リンゴ畑だったため完全にゼロからのスタートで、徐々に垣根をつくっているところで、小山田氏曰く、1,2枚目よりも水はけが良く、ポテンシャルを感じる畑のようです。

     

    この畑もお楽しみ混植となる予定です。

     

    新たに植えられた品種がワインにどのような変化をもたらすのか、まだまだ先の話ですが今から楽しみです!

  • 今月の1枚(日本)
  • 2016.04.19
  • Domaine Ponkotsu(ドメーヌ・ポンコツ) デラウェア萌芽
  • 写真は、内藤という地区にある畑のデラウェアです。

     

    山梨の春は順調なようです。

     

    場所によってはデラウェアは萌芽が終わり、将来ブドウの房となる花穂の形成が始まっています。

     

    このまま順調な春が続くのを祈るばかりです。

     

    この内藤という畑。jalopy用のデラウェアの畑のひとつで、元々は四恩醸造の小林氏が管理していました。

     

    以前、ブドウの色がのらず、樹もやや弱っている様な印象を受けた時期もありましたが、今ではよく熟したとても高品質なデラウェアが出来る畑とな りました。

     

    デラウェアの収穫まで約4ヶ月。

     

    今年はどんなヴィンテージになるのか今から楽しみです!

  • 今月の1枚(日本)
  • 2016.03.30
  • Domaine Ponkotsu(ドメーヌ・ポンコツ) 新キュヴェの苗木
  • 写真はドメーヌ・ポンコツ松岡氏の管理する、塩山高校前の苗木畑です。

     

    こちらの畑は2014年から苗木作成をしている畑。

     

    塩山のシンボル、塩ノ山(写真奥)の麓の、おやすみなさいやjalopyの畑とは
    やや離れた場所にある畑です。

     

    植わっているのはすべてヴィニフェラ品種。

     

    この苗木たちが成木になれば、新たに2つのキュヴェが誕生する予定です。

    昨年植えつけたものは、なかなか育たなかったようですが、
    一 昨年植えつけたものは順調なようです。

     

     

    新しいキュヴェが皆様にお目見えするのは、
    最短でも5年後といったところでまだまだ先の話にはなりますが、

     

    今から楽しみでなりません~♪

  • 今月の1枚(日本)
  • 2016.02.23
  • Domaine Ponkotsu(ドメーヌ・ポンコツ)いよいよ3月中旬リリース!
  • 松岡氏の『jalopy 2015』 瓶詰めを手伝っている小山田氏の写真です。
    人の瓶詰めだからと、かなりおちゃらけています(笑)

     

    瓶詰めは造り手にとってもワインにとっても大きな区切りとなる作業。
    ある意味ワインが造り手の手を離れる瞬間でもあります。

     

    これまでの一連の作業が終わりホッとする気持ちと、
    これで良かったのかという不安な気持ちが入り混じる複雑な心境なのでしょう。

     

    でもやっぱり集大成なのですから、ワクワクする気持ちが強いのでしょうね。

     

     

    あとはラベルを張れば出荷準備完了です。
    皆様のお手元に届くのは3月中旬。是非ご期待ください~♪

     

    出荷が終われば春を迎えるための作業に入ります 。一年で学んだことを次のヴィンテージに活かそうという姿勢を、松岡氏からは強く感じます。

     

    ドメーヌ・ポンコツ、2年目も楽しみです!