ニュース

  • 今月の1枚(フランス/スペイン)
  • 2020.03.23
  • 《オーヴェルニュ》ジュスティーヌとパトリックの2ショット♪
  • 写真は今年2月にフランス・ロワールで行われたワインサロンでのラ・ボエム夫妻の2ショットです♪
    このサロンは「レ・アノニム」出展メンバーのベテラン勢が、年々手狭になっているアノニムのスペースを若手に譲るべく企画し、今回初開催となりました。(ベテラン勢は粋です♪)

     

    会場は「レ・ヴィーニュ・ド・ババス」のドメーヌで、出展ヴィニョロン15社の小規模開催となり

    弊社取り扱い生産者はラ・ボエムのみでしたが、完全予約制のサロンでビジターに制限があったため、

    他の生産者も含めてワインの試飲だけではなくしっかりコミュニケーションを取ることができました。

    近年はビジターの増加により思うような商談ができない中、今回はサロンの醍醐味をあらためて実感。

    「サロンはやっぱりこの距離感だよなぁ」と、昔を懐かしみつつ充実した時間となりました。

     

    写真のように奥さんのジュスティーヌは、ラ・ボエムのマダムとしてすっかり馴染み、親しまれています。
    1児の母ですが、現在は書類業務からクライアント対応、今回のように試飲会のサポートなど多忙なパトリックを支え、今やドメーヌに欠かせない存在となっています。

    ちなみにジュスティーヌのお父様は画家で、頻繁に東京の画廊で個展を開催していることもあって、彼女も度々来日しており、日本にとっても愛着を持っています♪(これは我々にとっても大きなプラスです♪)

     

     

    さて今回はドメーヌ3種、ネゴス3種、合計6種類リリースとなります。
    近年オーヴェルニュにおいても遅霜のリスクが高まりつつありますが、それ以前にオーヴェルニュは通年雨が少なく乾燥しており、また夏季は雹害や雷雨が起こりやすい起伏の激しい天候のため、やはりコンスタントに収量を得ることはとても困難な産地のようです。(加えて鳥やスズキの被害も起こります‥)

     

    ドメーヌは極少量ずつではありますが、久しぶりに3種まとまってリリース♪今後も極少量~少量リリースが予測されますが、ドメーヌはやはり貫禄と華やかさ、そしてエネルギーの集中が別格です!未来に向けて手元で熟成させたくなるような美味しさに、思わずニンマリ顔です☆

     

    なお、今後もドメーヌ(自社ブドウ100%)としてリリースされるのは「ザ・ブラン」「ヴィオレット」「ルル」「カイウー」「ラ・ボエム」のお馴染みのラインナップになるようです。

     

     

    一方ネゴスはドメーヌの収量不足を補うべく2013年に開始し、これまでも様々なワインを世に送り出してきましたが、近年はジュスティーヌの献身的な業務サポートにより、パトリックの活動がよりスムーズになったことで、年を重ねるごとにワインのレベルが上がってきていると感じています。毎年同じ生産者から買っている訳ではありませんが、今後はある程度パターンを集約し、よりドメーヌ・スタイルに近づけていく構想があるようです。

     

    また今回初リリースされる「Super B(スーパー・ボジョレー!)」や今後リリースされる「サヴォワ」「ロワール」など、企画段階でオーヴェルニュ以外のブドウを使うネゴスについては、Super Bと同じパトリックの友人であるイギリスのアーティストによるラベルデザインでリリースされます。※ボトル画像ご参照ください(左上) http://vinscoeur.co.jp/bottle/
    またジュスティーヌのお父様デザインによる「モル」「シムサピ」については、今後も同ラベルを継続していくようです。

     

     

    独自のセンスで進化を続けるパトリックのワイン。
    ラ・ボエムのワインには、飲み手を笑顔に変える魔法のような光が散りばめられています!
    揺るぎないドメーヌと技のネゴス。宝箱のようなラ・ボエムのワインをぜひお楽しみください☆

  • メディア
  • 2020.03.13

■ドメーヌ・オヤマダ 紹介 P25■

 

Natural Wine  P95~99

フォン・シプレ・ジェー18/ドメーヌ・フォン・シプレ

ミュスカ・セック・デ・ルマニス18/ル・プティ・ドメーヌ・ド・ジミオ

ル・プティ・ロゼ・ド・ジミオ18/ル・プティ・ドメーヌ・ド・ジミオ

ご紹介者様:とどろき酒店様

 

■Extra Edition P102~104■

ラ・ヴァルス18/ローラン・サイヤール

ご紹介者様:亀屋商店様

 

リヴ・ドロワット クロ・ベル・クロワ16/レイナルド・エオレ

ご紹介者様:久本酒店様