ニュース

  • 今月の1枚(フランス/スペイン)
  • 2019.02.23

《ローヌ》「レ・ドゥー・テール」2019年初来日!

  • 《ローヌ》「レ・ドゥー・テール」初来日!!
  • コート・デュ・ローヌ、アルデッシュ地方の「ドメーヌ・レ・ドゥー・テール」がいよいよ初来日いたします!

     

    今回の来日にあわせ、2017年の新ヴィンテージを中心に11種類、温めていたワインを一挙にリリースいたします!

    2017年は霜や雹害の直接的なダメージは免れたものの、開花時期の結実不良により、特にグルナッシュは実付きが悪く、大幅な収量減となってしまいました。しかしながらブドウは良く熟し、ボリュームがありながらもきれいな酸が残り、バランスのとれた味わいに仕上がっています。

     

    また今回の目玉でもあるJAJA2018年は、前回2016年の初リリースでは瓶熟1年経過した状態でのリリースとなりましたが、今回は本来のコンセプトであるプルムール・スタイルでのリリースとなります!今の時点で味わいにまとまりがあり、文句なしの美味しさです~♪

    2018年は近年続いた不作の反動のせいか、ブドウの房数にも恵まれ、2014年以来の大豊作となりました♪

    今回のリリースはJAJAのみですが、今後続々と入荷いたしますので、どうぞお楽しみに☆

     

    さて、異なる 2つのテロワール と2人の異なるヴィニョロン の融合 が「 ドゥー ・テール」 の由来となっていますが、まず2つのテロワール「リュサス(マニュエル所有)」「ミラベル(ヴァンサン所有)」と、2人の作業についての特徴をご紹介させていただきます。

     

     

    ~畑がdeux(ドゥー)!!~

     

    ◎リュサスの畑

     

    【特徴】

    ・標高350mの平地にある畑

    ・雨が多く、保湿性が高い。それ故ミルデューの病害になりやすい

    ・吹きおろしの北風が強い

    ・ミラベルに比べて気温が低い

    (リュサスとミラベルはわずか3kmしか離れていないが、最大で6度ほどの気温差がある)

     

    【土壌】

    ・60%バザルト(玄武岩)で、目詰まりの強い、硬く重みのある黒石が表土に点在している

    ・40%マルヌ・カルケール(泥土状石灰質)

    ・バザルト土壌は火山の火砕流の堆積により形成され、畑の北側に多く見られ、南に行くに従ってマルヌ・カルケールになる

     

    【味わい】

    ・フレッシュで、果実味がみずみずしく、清涼感のあるワインが出来上がる

     

     

    ◎ミラベルの畑

     

    【特徴】

    ・標高350mの穏やかな斜度にある畑で、最高地点のモン・フルーリーは標高400m

    ・乾燥しているため、オイディウムの病害になりやすい

    ・北風はほどほど

     

    【土壌】

    ・アルジロ・カルケール(石灰粘土質)で、白く薄い石灰岩が表土に点在している

    ・「プティ・ブルゴーニュ」と呼ばれる良質な土壌

     

    【味わい】

    ・ストラクチャーのしっかりしたワインができる

    ・保温性が高く、特に暑い年はボリューム豊かなワインになりやすい

     

    単一のテロワールで造られているワインもありますが、両方に作付されているグルナツシュ、メルロー、カリニャンは、その年のブドウのポテンシャル、収量、状態により、ワインのコンセプトに合わせて、リュサスのフレッシュ感のあるブドウと、ミラベルのボリューム感のあるブドウを混ぜて仕込んでいます。(つまり年によってブレンドが変わります)

     

     

    ~ヴィニョロンがdeux(ドゥー)!!~

     

    ◎共同の作業

    ・それぞれが所有する畑をメインに管理しながら、助け合いながら作業を行う

    ・8月の収穫前にワインの方向性を2人で決定

    ・瓶詰め、リリースは2人でチェックし決定。万全の状態でリリース。

     

    ◎マニュエルの作業

    ・収穫日、収量とブドウのコンディションを踏まえ醸造の準備

    ・醸造

     

    ◎ヴァンサンの作業

    ・収穫日決定、収穫準備

    ・収穫

     

    お互いのリスペクトと、厚い信頼関係があって出来上がるドゥー・テールのワイン。

    2つのテロワール×2人の知性×感性の掛け算から、これからも多様性、創造性豊かなワインが生み出されていくことでしょう。

     

    今後もドゥー・テール唯一無二の「掛け算ワイン」にぜひご期待ください!
    キーワードの「deux(ドゥー)」をどうぞお忘れなきよう♪