ニュース

  • 今月の1枚(日本)
  • 2018.11.21

Domaine Oyamada(ドメーヌ・オヤマダ)
洗馬赤収穫 2018/10/28

  • Domaine Oyamada(ドメーヌ・オヤマダ)洗馬赤収穫 2018/10/28
  • ↑写真をクリックすると全体が表示されます。
    写真は10月末に行われた洗馬の赤品種収穫の際に撮影した、カベルネソーヴィニヨンの写真です。
    洗馬はカベルネフランのイメージが強いかと思いますが、写真の通りカベルネソーヴィニヨンも栽培しています。写真の通り房と粒はとても小さく味が凝縮していて糖度も高く、それでいて酸もあるという非常に高い品質で、洗馬の味わいに大きな役割を果たしています。そんな洗馬の赤品種の収穫が2018ヴィンテージの締めとして10月末に行われました。
    記録的な猛暑、史上最速の梅雨明け、驚くほどの生育の速さ、という例外ずくめだった今年の前半ですが、9月に入ると、上旬の台風21号、下旬の24号の上陸、前線の停滞によって一転して日照不足に陥りました。10月は9月に比べると気象も安定し、日照不足も解消され適度な日照を確保。終わってみると天候に大きな波はあったものの、結果としてはブドウの品質的には良いものを収穫することができました。
    若干の貴腐と水分が飛んだことによって僅かに干しブドウ状になっている以外は、ほぼ健全な状態での収穫となり、熟度も満足のいくもので、出来上がるワインはややコンパクトではあるものの繊細でエレガントな酒質に仕上がりそうです。
    今シーズンも天候に振り回されましたが、ドメーヌ・オヤマダは予定通りの収量を確保でき、一安心。
    2018ヴィンテージのワインは、来年の春にはBOW!白赤が、冬には洗馬白や日向がリリース予定です。
    乞うご期待!