ニュース

  • 今月の1枚(日本)
  • 2016.10.19

おやすみなさい瓶詰め&2016山梨ヴィンテージレポート

  • おやすみなさい瓶詰め&2016山梨ヴィンテージレポート
  • 写真はペイザナ中原ワイナリーでの、おやすみなさいの瓶詰め中の光景です。

     

     

    10月中旬、ドメーヌ・ポンコツでは、巨峰のスパークリング”おやすみなさい”の瓶詰めを行いました。

     

    2016年は2015年のものより発泡性を持たせるべく、昨年の経験を生かして改良が加えられています。

     

    その結果、現時点で昨年より1気圧オーバー。味も良い感じです。

     

    来年のリリースが待ち遠しいです♪

     

     

    山梨ではブドウの収穫はほぼ終わり、ポンコツの松岡氏より今年の山梨のヴィンテージレポートが届きました。

     

    4月末から5月上旬
    例年にない連続した降雨により、対策を講じなか った農家ではベト病が散見。

     

    5月中旬から8月中旬
    梅雨時期も含め非常に少ない降水量でとても良好な気候。

     

    8月下旬から10月上旬

    9月の日照量がここ四半世紀で最低といわれるほど少なく、また、長雨の影響で実割れが多発。

     

    8月中に収穫の終わったデラウェアや巨峰等の早生品種では良年。
    ヴィニフェラなどの比較的晩熟な品種ではとても難しい年となった印象です。
    特に晩熟かつ、果皮が薄く果粒が密着型の品種は、実割れによって大ダメージを受けてしまったようです。

     

    ヴィンテージレポートの詳細はポンコツブログをご覧ください。
    http://d-ponkotsu.blogspot.jp/2016_10_01_archive.html